お客様の声

お客さまの声

工藤 栄一さん

システム青葉、たのもう君を知ったきっかけを教えてください

当時はまだ、さながら「昔ながらの牛乳屋さん」でした。 今のように複数のスタッフを抱えるような規模ではなく、家族で何とか切り盛りしていたような時代です。

今でこそおかげさまで会社としてやらせていただいていますが、将来を見据えた業務の効率化・合理化ができないものかずっと考えていたんですね。

実際、手書きで請求書を書いていてはとても追いつかなくなっていました。

困り果ててていたある日、同業のSさんに相談してみたところ「パソコンのシステムを使ってみたらどう?」と言われたんです。
今でこそ牛乳屋さんのシステム化は広く普及されているかと思いますが、その中でもウチは導入が早かった方だと思います。

それからいろいろと調べてみると、そういったシステムを提供してくれる会社はいくつかありました。 でも「牛乳屋さん」に特化したシステムというのは正直そんなにありませんでした。

その中でも、システム青葉のシステム『たのもう君』はとても牛乳屋さんにマッチしているという噂を聞きつけ、社長の淀さんを紹介してもらったんです。

システムを使っていてよかったと感じる点はありますか?

システム化をしなかったら、ここまでやってこれなかったんじゃないでしょうか。
それくらいのものを感じますね。

また、事業の拡大とともにスタッフが少しづつ増えていきますよね。
そうなると、業務の「見える化」が必要になってくるんです。
『たのもう君』が「見える化」を担ってくれたからこそ、日々の業務を平準化・標準化できたと思ってます。

sub_kudou

・・・あえてお聞きします! 不満な点はありますか?

う〜ん…。
その質問のリクエストにはお応えできないかもしれません(笑)
なぜかというと、不満な点はないんですよ。

逆に、何か困ったことがあってもすぐに連絡がつながる。
それでも追いつかないようなときは、千葉の成田とこの★との間をネットワークでつなぎ、遠隔操作ですぐに対応してくれる。
例えるなら、いつも事務所にいてくれているかのような安心感があるんです。
こんなに心強いことはありません。

今までに印象に残ったエピソードはありますか?

やはり我われにしてみれば、東日本大震災のときが思い出されます。
心の底から「これから一体どうなってしまうんだろう」「先が見えない」と思いました。

日々使っていたシステムだってこんな事態を予想していたはずもなく…。。
この時ばかりは、全件分★の修正を手作業でやるだろうと覚悟していました。

そんな状況を淀さんに相談したところ、本来はないプログラムを組み込むために飛んできてくれたんです。
しかも、何日かは事務所にカンヅメ状態です。
その後、何ごともなかったかのようにシステムは稼働し、どれだけ品物が必要なのか、どれだけお客さまが欲しているのか、どれだけ足りないのかがひと目で把握できました。

私のところはもちろんですが被災したお店にとってこのシステムは命だったと思います。

お店を続けるにあたり、大事にされていることは何ですか?

会社の理念には「いついかなる時も、地域の健康を守る存在でありたい」ということを掲げています。
それこそ震災をきっかけに命と向き合いました。心が折れそうになりました。
だからこそ「我われが頑張らなきゃいけない!」と思ったんです。
皆元気がなかったあの時にこそ、1件1件をまわり、笑顔を分け与えたかった。
笑顔は健康の秘訣、なんて言葉もあるくらいですから。
これからも私たちが一枚岩になって、地域の健康を守っていきたいです。

一覧に戻る
無料相談・無料デモのお問い合せは 無料通話 受付時間 月~土9:00~18:00 フリーコール0800-111-8000 メールでのお問い合せはこちら
ページ上部へ戻る